脳の病気を治す

症状や特徴

笑顔

脳の病気として、最近患者が増えてきている脳梗塞について説明していきます。脳梗塞は脳卒中の1つです。血管が細くなったり血管に血栓が詰まったりなどして、脳に酸素や栄養を送れなくなり、脳に障害を受ける危険な病気です。脳梗塞が起こる原因として、喫煙、生活習慣の乱れ、高血圧、糖尿病などが挙げられます。特に生活習慣の乱れや喫煙は動脈硬化のリスクを高めるものです。高血圧や糖尿病などの方は生活習慣を改善して禁煙するよう心がけてください。脳梗塞が起こる前には予兆がある場合が多いです。体に痺れが出てきたり、言葉が出にくくなったり、片方の司会がはっきりしなくなったり、めまい、ふらつきなどの症状が出てきます。このような症状が出てきた場合、頭を絶対に動かしてはいけません。すぐに救急車を呼んで対応しましょう。

脳卒中にならないために

脳卒中や脳梗塞にならないためには、規則正しい生活を送る必要があります。アルコールの過剰摂取、喫煙習慣、運動不足、肥満、過度のストレスなどの問題を抱えている方は、改善してください。少しずつで良いので、無理せず行うことが大切です。無理して行うと、これもまたストレスにつながってくるので良くありません。また食生活も見直しましょう。高血圧も脳梗塞の原因なので、減塩を心がけた食事をとってください。栄養の整った食事をとって、1日3食を決まった時間に食べるようにしましょう。また、適度に運動することで悪玉コレステロールを減少させる効果があるので、毎日運動するようにしましょう。生活習慣を改善するだけで、命に関わる病気を予防することができます。