異常を見逃さない為に

血管の詰まりが原因

man and woman

脳梗塞は脳卒中を分類されたもので日本の死因第三位にあたります。脳卒中の60%は脳梗塞患者と言われている死因率が非常に高い病気です。脳梗塞とは脳の中の血管が細くなったり血栓が原因で血液中に十分な酸素や栄養が行きわたらずそのまま放置すると最終的には血液が正常に運ばれない箇所の脳組織が壊死してしまう状態です。血液が行きわたらない部分の壊死は時間とともに広がっていきますので異常を感じたらすぐに専門の病院での診察を必要とします。脳梗塞には三種類あり太い血管から枝分かれしている細い血管が詰まるラクナ梗塞、脳の太い血管が血栓によって詰まってしまうアテローム血栓性脳梗塞、心臓でできた血栓が脳まで運ばれ血管を詰まらせる心因性脳塞栓症があります。ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞は高血圧と密接な関係にあります。

後遺症は重い

高血圧の人は身体の不調を感じる事は少ないとしても血管に負担をかけている状態が続いています。負担に負けないように血管は血管壁を厚くしていき血管の柔軟性がなくなっていき血栓ができやすい状態に陥ってしまいます。脳梗塞を起こした人の15%が死亡率となっていますが生存できても重篤な後遺症が残ってしまう所が怖い病気といわれるところです。しかし早期発見、早期治療を行えば致死率や後遺症の程度も軽くすみ、社会復帰できる可能性も十分にありますので本人、もしくは周りの人が異常に気付き早めに受診する事が重要です。初期症状としては手足の痺れや強いめまい、強い頭痛、言葉が上手く喋られなかったり言葉が出てこないなどの症状が現れる事があります。こういった前兆は一日程度でおさまる事があるのでおさまったからと安心してしまうと脳梗塞を見逃してしまい更に大きな症状が出るまで気づかない場合があるので気をつけなくてはいけません。