生活習慣の改善と早期治療

man

脳梗塞は命にかかわり、後遺症も深刻な病気ですが生活習慣や原因となり易い既往症への対処で予防し、少しでも症状を感じたら出来るだけ早く治療体制が整った専門の医療機関を受診する事で、完治を目指せる病気になります。

詳細を確認する...

予防と早期対処

特に高血圧の人は注意

Doctor

脳梗塞の原因は、脳の血管に起きる動脈硬化によって血管内が狭くなることで血液の流れが悪くなり、血栓が出来て血流を止めてしまう脳血栓症と心臓の不整脈が原因で心室に出来た小さな塞栓が脳に運ばれて起きる脳栓塞症です。脳梗塞を引き起こす動脈硬化の危険因子として高血圧や高脂血症、糖尿病等が挙げられます。脳梗塞の予防には血栓ができにくいように、血液を固まりにくくしておくことが予防につながります。体が脱水傾向になると血液は濃縮され固まりやすくなります、水分のこまめな補給を行うことで血液が固まりやすくすることを防げます。特に高齢者の場合体が脱水傾向にあってものどの渇きを感じにくくなります。夜寝る前や就寝中に目が覚めたタイミングで水分を補給することも大事です。

スピードが大事

脳梗塞の発作が起きたときに大切なことは、少しでも早く専門的な治療を受ける事です。治療開始までに要した時間の長さで生存確率や後遺症の残り方に大きな差が出ます。脳梗塞の発作がおきると、手足にしびれや麻痺、軽い言語障害などが現れます。初期は軽い症状で一時的に回復する場合もありますが、時間とともにひどくなります、このような症状を感じたら自分で病院へ向かおうとせずに躊躇なく救急車を呼ぶ事が大事です、脳梗塞の治療法として最近注目されている血栓溶解剤での治療は、発症後3時間以内に治療を開始できた場合は治療効果が高く、脳を障害から救うことができ後遺症の発症も低く抑えられます。とにかく脳梗塞から患者を救うためにはいかに早く治療を開始することが出来るかが重要になります。

異常を見逃さない為に

man and woman

脳梗塞の致死率は15%と言われているが生命は助かっても脳に後遺症が残ってしまう病気であり発病から時間が経つにつれて致死率や思い後遺症に悩まされてしまいます。早めの受診で初期症状を見逃さず社会復帰や早期日常生活ができるよう異常を感じたら早めに病院へ受診するべきです。

詳細を確認する...

脳の病気を治す

笑顔

脳卒中の1つである脳梗塞は怖い病気です。皆さんも今の自分の生活習慣を見直して、改善していきましょう。規則正しい生活を送ることで、命に関わる病気を防ぐことができます。病気を予防して、健康的に人生を楽しんでいきましょう。

詳細を確認する...